0559217788

資格が必要なわけ

無人航空機操縦技能証明書画像 2022年現在、ドローンは国家免許ではなく民間の資格です。
しかし、無人航空機を運用するには、前ページの 「関連する法規」 が示すように航空法を主とした罰則付きの法規定があり、ルールに応じた運用方法を知っている必要があります。

また、飛行には許可・承認を得なければいけない場合もあり、そのような場合は操縦者の技能や知識を含めたリスク軽減対策提示し、国交省へ申請を行います。
その際に、客観的指標として提出を行うことが可能な他、書類の一部簡略化が可能です。

※書類の簡略化には当校を含めた、技能認証取得済みスクールを卒業し資格を取得している必要があります。

JUIDA認定ライセンスとは

JUIDAは健全な人材の育成を目指し、日本で初となる、無人航空機(ドローン)の操縦士および安全運航管理者養成の認定スクール制度を2015年にスタートしました。
静岡沼津ドローンスクールを卒業後は、JUIDAが発行する2つの資格、「操縦技能証明証」 及び「安全運航管理者証明証」の申請が可能です。

操縦技能証明
無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有する者(16歳以上)
安全運航管理者証明
無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し、飛行業務の安全を管理する者(18歳以上)
本サイトではJavaScriptを使用しています。
JavaScriptをONにしてご利用ください。