【国交省 緊急用務空域の指定について(R3.6.1施行)】


画像引用:国交省ウェブサイト
赤い部分が今回新たに指定された空域です。

令和3年6月1日より、航空法132条第1項第1号に規定される空域に、「緊急用務空域」が追加されます。 これらは空港周辺や150m以上の上空等、航空機の航行の安全に影響を及ぼす恐れがあるため無人機の飛行が制限されている空域です。

今回の新しいルールについて、以下が国土交通省のウェブサイトからの引用です。

「災害時等において、緊急用務を行う航空機の飛行が想定される場合に、無人航空機の飛行が原則禁止される『緊急用務空域』が新たに指定されます。無人航空機を飛行させる方には、飛行開始前に、飛行させる空域が緊急用務空域に該当するか否かの確認義務が課されます。」引用:国交省ウェブサイト

今後は飛行前に、飛行予定空域が当空域に該当していないか確認する義務が発生します。
緊急用務空域が指定された際は、国交省ウェブサイト、またTwitterにてお知らせがあるそうです。

今までも自衛隊機や消防、報道等の機体に対するニアミス、接触等の危険性が在る事から、災害地でのドローンの飛行は中止するよう国交省からのアナウンスがありました。
今回の新しいルールによって、法的にそういった類の飛行が禁止されたことになります。

なお、150m以上の上空や空港周辺についての包括を含む申請が通っていたとしても、緊急用務空域においての飛行は禁止されておりますので注意しましよう。

静岡沼津ドローンスクールでは、常に変わりゆくドローンをとりまく情勢に対応しながら、講義、実習を行います。
ドローンに関する講習について、ご興味がある方は無料説明会も行っておりますので、是非ご参加ください。
説明会ではスクールに関する説明の他、関連する法律や利活用に関しての紹介も行います。

当校はあらゆるドローン活用に最低限必要な安全に関する知識・技術を習得するためのスクールです。
皆様のご参加をお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です