映像編集で色合いの調整にチャレンジしてみよう!

上の埋め込み映像をみていただくとわかる通り、撮影した映像は切り貼りするだけではなく、映っている色合いを変化させることも可能です。

この作業をカラーグレーディングと言いますが、一般的には「Log」と言われる方法で撮影します。
しかしLog撮影の場合はISO感度の下限が制限されたり、そのままでは色が薄すぎて見栄えが悪かったりします。
なので、はじめてカラーグレーディングに挑戦する方は、「D-cinelike」カラーモードで撮影すると、とっつきやすいかもしれないです。

カメラ設定の「カラー」から、Logやcinelikeを選択することができます。
※上画像は「ノーマル」になってます。また機種によってはLogを選択できないものもあります。

「ノーマル」→「D-cinekile」→「Log」の順に、
「そのままでも綺麗だけど後処理がしにくい」→「そのままだと見づらいけど、後処理がしやすい」という風になります。
なので撮った映像をそのまま使用するのであればノーマルで、後処理で色合いを変化させたいならcinelikeかLogを使用すると作業がしやすいと思います。

編集ソフトはダヴィンチリゾルブというものが、無料で高機能なのでおススメです。このソフトに関しては別記事でも紹介しています。

静岡沼津ドローンスクールでは、ドローン空撮、映像編集について以下のスキルアップ講習を行っております。

『ドローン空撮講習』
ドローン空撮をするためのアプリやカメラの設定、また実際に撮影を行いスキルアップを図ります。
『映像編集講習』
ダヴィンチリゾルブを使用して、複数の撮影データを1つの作品としてまとめる事を目的とした講習です。